風水鑑定 鮑義忠と神仙界
 風水鑑定 鮑義忠と神仙界

風水鑑定後の毎年の吉凶方位の対策解説(1年間)※準備中

特徴

毎年誰にでもめぐる年月の吉凶方位に対する対策と解説をレポートにして送付します。
【年の吉神】歳徳、歳徳合、歳枝徳、陽貴人、陰貴人、歳禄、歳馬、秦書、博士、四利三元(太陽、太陰、龍徳、福徳)

【年の凶神】太歳、歳破、年三殺(劫殺、災殺、歳殺)、坐殺、向殺、五黄、戊都天、己都天、夾都天
浮天空亡、年剋山家、陰府太歳、六害、死符、炙退、巡山羅喉、病符、天官符、地官符、大殺、大將軍、力士、蚕室、歳刑、黄旙、豹尾、飛廉、喪門、弔客、白虎、金神、獨火、五鬼、破敗五鬼

【月の吉神】天道、天徳、天徳合、月徳、月徳合、月空、陽貴人、陰貴人、飛天禄、飛天馬
月紫白(一白、六白、八白、九紫)、三奇(乙・丙・丁)

【月の凶神】月建、月破、月剋山家、陰府太歳、天官符、地官符、小月建、大月建、飛大殺、丙丁獨火、月游火、月三殺(劫殺、災殺、月殺)、月刑、月害、月厭
など

レポートでは特に恐れられる
・坐三殺向太歳(坐山に三殺がめぐり向首が太歳の建物、2017年は卯山酉向の建物)
・坐歳破向太歳(坐山に歳破がめぐり向首が太歳の建物、2017年は卯山酉向の建物)
・五黄と太歳が重なる方位(2017年は酉方位(西)で重なる)
・年月の五黄が重なる方位2017年は南方位で重なる)
・年三殺(災殺、劫殺、歳殺)と月三殺(年三煞(災殺、劫殺、月殺)が重なる方位
(2017年は寅方位(東北東)、巽方位(南東)、丑方位(北北東)に年月三殺が重なる)
・太歳と飛大殺が重なる方位
・丙丁獨火と飛大殺が重なる方位
・丙丁獨火と獨火が重なる方位
・月遊火と獨火が重なる方位
・月遊火と飛大殺が重なる方位
・月遊火と丙丁獨火が重なる方位
などの凶作用に対する対策を記します。
いずれも古来より動土と修方を大変忌むため
これらの方位で開山・立向・修方が行われた場合は災禍があらわれるといわれております。
 
開山・・・土地の購入、土地の開発、動土(土を動かすこと。工事など)、建築全般など
立向・・・埋葬、墳墓の造作(葬儀、お墓に関する一切)など
修方・・・建物の補修、増改築、リフォームなど