風水鑑定 鮑義忠と神仙界
 風水鑑定 鮑義忠と神仙界
HOME 護符、靈符、御神符 道教風水アイテム 開運ブレスレット 伝統風水アイテム 金紙銀紙(神佛先祖供養)

三界伏魔大帝關聖帝君掛軸

特徴

十八代玉皇大天尊玄靈高上帝關聖帝君とは三國志の蜀の國の英傑關羽将軍の神格化である。義侠心に富み、その忠節を讚えられた關羽将軍は仁義礼智信の五徳
華陽釈曹之仁(赤壁の戦いで敗れて華陽へ逃げる曹操を捕えたが、逃せば軍法により自らの死罪も免れない中、命乞いする曹操に情けをかけ逃がした慈しみの心)
千里尋兄之義(劉備の元へ馳せ参じるため后を護衛しながら千里を駆けた忠義の心)
秉燭達旦之禮(曹操の捕虜になる際に三つの条件を提示する。
曹操に降伏するのではなく漢朝に降伏するのだということ。
甘夫人の身の安全を約束すること。
劉備の消息が分かり次第、劉備の元へ馳せ参じるということ。
そして三つの条件を曹操に承諾された關羽将軍は毎晩、寒い中、甘夫人の寝室の外で毎晩蝋燭を持ち見張りを続け尽くした禮節)
水淹七軍之智(樊城の戦いにおいて川の水を氾濫させて魏軍の精鋭七軍(八万七千五百人の敵軍)を全滅させた叡智)
單刀赴會之信(呉軍の魯粛との談合のため益陽に護身用の剣一振りだけを持ち単騎で敵軍に乗り込み敵すら偽りなく信頼した心)
刮骨療傷之勇(麻酔もなく肉を裂き骨を刮る毒矢の治療を躊躇せず受けた勇ましさ)
などを貫き通した生涯だったが、死後、玉泉山で彷徨っていたところ僧侶が諭したところ、ようやく關羽将軍は悟りを得て成仏したという。以来玉泉山に神としてに祀られた。 現在は道教の最高神である玉皇大帝(太極聖皇 玄靈高上帝)の位に就かれており玉帝、天公、關皇とも呼ばれ紫微垣の裏の火の正氣を象徴し三十六天、三千世界、七十二地、仙界、神界、佛界、日月星辰、 億萬生霊、天地万物を統御する宇宙最高神であり諸神を統率し五常八徳、文武雙全(文武両道の意)を司る。 正統道蔵によれば「雷部斬邪使興風撥雲上將馘魔大將䕶國都統軍平章政事崇寧眞君關元帥諱羽 字雲長」や「酆都大威?大忿怒統天禦地殺鬼馘魔大將關羽」などの神号に封ぜられたといわれている。 1863年頃、「南天文衡聖帝」(南方を統御し火、朱雀、九などを象徴する)の職に就かれていた際に神仙界の総選挙で三教聖人の推薦により十八代玉皇大帝(關聖玉皇 玉皇大天尊玄靈高上帝)の位に昇格される。

【靈験】
伏魔(一切の魔を伏せる)
鎮宅光明(家を災禍から護る)
消災改運(災禍を祓い運を開く)
萬事如意(すべてが思い通りになる)
趨吉避凶(凶を避けて吉に趨く)
護身、護衛

【祀る方位】

【サイズ】
縦90?×横30?

※この掛軸の材質はナイロンでその上から印刷されております。
吉日を選び開光點眼を行なっております。
鮑義忠 風水セミナー