風水鑑定 鮑義忠と神仙界
 風水鑑定 鮑義忠と神仙界

桃木鳳凰鏡【美と良縁】

特徴

【ご利益】美と良縁

古来より靈木(れいぼく)のひとつである桃木を用いた鏡です。


【靈木】とは、その名の通り靈力を宿した木のことで、妖魔や邪悪なものを祓うとして道教の宝具にも使用されています。
木でできた道教の宝具は、靈力を帯びた桃木でできているのが主流です。
桃木の靈力は、日本では「古事記」の「神代巻」に見ることができ、イザナミを連れ戻そうと黄泉の国へ向かったイザナギが、連れ戻しに失敗して8柱の鬼神に追われ、桃樹から3個の桃をもぎ取り、鬼神に投げつけると撃退できたという伝説でもお馴染みです。

天子が世に現れると鳳凰が姿を現すといわれており、天下泰平・隆盛平安・仁愛・美麗の象徴である、古代中国伝説上の高貴な神鳥です。
「鳳凰」とは「女性」を表し、「男性」を表わす「龍」と組み合わせた「龍鳳呈祥」という吉祥圖は広く知られています。
鳳凰の吉祥物を用いることで女性はより魅力的になり、仁愛に満ちた良縁に恵まれるとされています。
美と良縁をお望みの方は、この鏡を日々積極的に活用して、お化粧したり身なりを整えてください。

☆ご注文後に開光點眼を致します。
サイズ:全長約13cm、横最大約7.8cm
持ち歩くまたは桃花位、喜慶位に置く
説明書付き、巾着袋付き

開光點眼とは=道教の道士が行う浄化、御霊入れ(みたまいれ)のこと。これをしなければ物はただの物でしかなく、きちんと開光點眼をしているものには強い霊力が宿るため、神仏神獣の力を借りて状況を好転させることができる。

販売価格 18,000円(税込)
在庫状況 在庫あり
購入数