風水鑑定 鮑義忠と神仙界
 風水鑑定 鮑義忠と神仙界
HOME 護符、靈符、御神符 道教風水アイテム 開運ブレスレット 伝統風水アイテム 金紙銀紙(神佛先祖供養)

【人間界・陰界の禍福の調整、他】東嶽大帝紙銭

特徴

【ご利益:人間界・陰界の禍福の調整、他】


紙銭は神仏へお願いをするときなどに捧げる金塊です。
道教では細かく願望別に担当の神仏がおり、ご自身の願望に合う神仏へ専用の紙銭を燃やして祈願することで想いが届きやすくなるとされています。



東嶽大帝が担当するご利益
生前の善悪の審判、人間界・陰界の禍福の調整、冥界(死後の世界、地獄道・餓鬼道・畜生道の三道)を主宰する、陰陽界の統括

【天界や霊界に想いや供物を届ける方法の一般例】
燃やす。(物=陽から、気体=陰に変える)→例:線香、紙銭、護符など
音を立てる。(陰)→例:手を叩く、鈴や楽器などを鳴らす、経や真言を読むなど

1束50枚 20×20cm
※使い方は折り目にそって折り燃やす、燃やすことが出来ない場合は折って簡易的な祭壇に7日間お供えし、その後処分します。
※紙銭を燃やす数は、特に決まりはありません。たくさん燃やして頂いても結構です。
※火器の取り扱いには充分ご注意下さい。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

鮑義忠 風水セミナー